無反射ガラス

 

ナ行

用語 定義
ナングレアガラス(ノングレアガラス、無反射ガラス ガラスの表面に非常に細かい凸凹をつけることにより、反射光を拡散し、反射や映り込みを抑えたガラスのこと。ノングレアガラス、無反射ガラスとも呼ばれる。複写や商品撮影の際に使用される。
日中シンクロ(デーライトシンクロ) 室内や夜間に使用されるのが通常のストロボ撮影だが、日中に屋外で昼光(デーライト)のもとでストロボを併用して撮影すること。デーライトシンクロともい う。曇天や朝夕の光量が不足している時の主光源として、また、逆光撮影の際に陰影部に対する補助光としても用いられる。一般的には後者の補助光として使う ことが多いが、発光の光量が強すぎないように露出を調節することが重要になる。まずは、ストロボだけによる撮影として絞りF値を距離から測定し、次にF値 に対する昼光での露出シャッター速度を求める。この場合、シャッター速度は同調する速度でないといけないので、カメラのシャッターは制約のあるフォーカル プレーンシャッターよりも、レンズシャッターの方が有利である。
入射光式露出計 被写体の位置からカメラに向けて構え、被写体に入射する光の明るさ(照度)を測定するタイプの露出計である。受光部が白色で半球形であるので特徴であり、 あらゆる方向から入る光を被写体と同じく立体的に受けて計測することができる。反射率18%を基準にして測定するので、黒っぽい被写体であろうと白っぽい 被写体であろうと、その輝度に関係なく適正露出を計測することができる。商品撮影やポートレート、複写なでで活用される。
ノンコード フラッシュメーターでストロボ光を計測する際に、シンクロコードを繋がないで測光するモードのこと。

 

撮影用品・撮影機材の専門店セブンスランド 撮影用品・撮影機材の専門店セブンスランド