banner08

第2章

「それぞれの特徴」

 

こんにちは。

前回、ご自身の撮影状況から「静」と「動」を考察していただきました。

「私は蛍光灯かな!」、もしくは「私は絶対ストロボ!」など初めの一歩が踏み出せたと思います。

 

ではメインの被写体が「静」の方から・・・

結論は、リーズナブルで身近な「蛍光灯照明」で対応可能だと思われます。

ただし!前回企画で申し上げましたようにホワイトバランスが重要となります。これを怠ると思ったような写真になりません。というのも蛍光灯は白く発光しているようにみえますが、撮影してみるとそれほど白くありません。

 

ホワイトバランスをカメラ・デフォルトの蛍光灯マークにセットするのではなく、面倒ですがライティングごとにホワイトバランスをセットする気遣いと手間が必要となります。

ホワイトバランス

今回は撮影現場の環境色が被写体にどう影響するかをみるために真っ赤に塗った段ボール箱内を部屋と見立て、その中に被写体である白のマグカップを置いて撮影してみました。

それほど被写体には影響がないようにみえますが厳密にはありますので撮影場所の天井、壁、床などの色にも注意が必要です。

 

理想は、白、グレーなどの無彩色の部屋です。

上の写真では、ハイライトから中間調まではライトの方が強く影響は感じられませんが、中間調からシャドウ域には赤みがのっていました。

色被り

 

つづきまして「動」の方。

メイン被写体が「動」の方は、被写体を写し止めなくてはなりません。

「止める」です。

ですので、結論はストロボとなります。

 

被写体ブレはNG、ノーグットです。

例えば、決定的瞬間やファッション雑誌のモデル写真がブレブレだったら文句言いたくなりますよね。

雑誌

 

しかしたまには止めずにブラした表現が良いときもありますが↓・・・

ブレでもOK

 

メイン被写体の動きを写し止める必要がある場合に使用するのがフラッシュ、ストロボとなります(フラッシュもストロボも言葉の違いはありますが意味するところは同じです。閃光です)

出力の調整もダイヤルなどで簡単にでき瞬間的に大光量を得ることが可能です。

ダイヤル

 

またこちらは、カメラ付属のデフォルト・太陽マークを使用し撮影してもOKです。というのもストロボの発光管は太陽光と近い色温度で発光するよう作られているからです。

_2CA5249_2

 

下の写真は、カメラ・デフォルトの太陽マークでホワイトバランスを設定し、クリップオンストロボで撮影しました↓。

ホワイトバランスを取得する手間が省けますので楽です。

マグカップの白も問題ありません。

ハンディー

 

このことから、蛍光灯ほど気をつかわず撮影ができるのがストロボ、フラッシュです。

ただし、ストロボを転倒させ発光管を割った際には蛍光灯の数十倍もの経済的負担となりますのでご注意が必要です。

また「静」と「動」どちらの撮影もあるかたは、おのずとストロボと言う選択肢になります。蛍光灯では動く被写体(条件にもよります)を止められませんので。

 

ここまで読み終えたところでみなさんはどちらにしますか?

 

身近で経済的負担が少ないが手間のかかる蛍光灯

 

手間はかからないが高価で故障時の経済的負担も大きいストロボ

 

・・・次回に続く

ヒッポ写真事務所・風間大輔 /著

撮影用品・撮影機材の専門店セブンスランド 撮影用品・撮影機材の専門店セブンスランド