カメラ用品の中には、さまざまな撮影用品や撮影機材がありますが、

今回は露出計ついてお話していきます。

露出計とは、撮影したい被写体や撮影場所の明るさを正確にはかり、

適正な露出を導き出し、

絞りとシャッタースピードの数値を割り出す機械のことです。

反射光式と入射光式の2つにあり、それぞれ測定方式が違います。

入射光式露出計が一般的に多く使用されていますが、

両方の機能を兼ね備えた露出計もあります。露出計

② 反射光式露出計

輝度をはかる(被写体から反射した光を測定)方式で、

測定部の光の量を平均的な18%グレーとみなし判断します。

黒いものも白いものもすべて平均的なグレーに再現されるので

自分で補正する必要があります。

主に遠景などの風景の撮影時に使用します。

◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦

 

プロの撮影現場では必ず正確な明るさをこの露出計ではかり、

さまざまな撮影機器を駆使して被写体に光を集めて撮影します。

露出計を使いこなすことで、プロの技術に一歩近づけると言っても

過言ではないはず!

 

撮影用品・撮影機材の専門店セブンスランド 撮影用品・撮影機材の専門店セブンスランド