banner08

第2章

「光の拡散照射」

 

こんにちは。

前回は「光の硬柔」からくる見え方についてお話ししました。

今回はそれを踏まえより綺麗に撮影できるかご紹介いたします。

では早々ですが答えを・・・。

それは「ライトを直接アテナイ」

ことです。

一番身近な例ですと窓際のレースのカーテンです。

ディフューズ 光の拡散照射 ディフューズ 光の拡散照射

 

↓A

ディフューズ 光の拡散照射

↓B

ディフューズ 光の拡散照射

Aは窓からの太陽光をダイレクトに浴びた写真。
Bはレースのカーテンで太陽光をディフューズ(拡散)した写真。
たったこれだけですが、印象が違います。

Aはどの部分にも影が強く残る陰影のある写真。
Bは影も少なく柔らかい光で優しい感じを受けます。
これが光を柔らかくする「ディフューズ効果」です。

これと同じ現象(ディフューズ)をご自身の撮影環境で再現してあげれば今 よりも綺麗な写真が撮影できるかもしれません。

もしかしたら、毎度おなじみのつぶやき
「ダメだ、この機材!(怒)」
なる負の発言も減る・・・・・・・・・かも(笑)

では次回から実際のディフューズ方法を見ていきたいと思います。

・・・次回に続く

ヒッポ写真事務所・風間大輔 /著

撮影用品・撮影機材の専門店セブンスランド 撮影用品・撮影機材の専門店セブンスランド