banner08

第3章

「拡散光の作り方 / パラソル編」

こんにちは。

今回はパラソルでの拡散光を見ていきましょう。

撮影用のパラソルとは主に光源に直接マウントし、傘の内側で光を反射または透過させ被写体に照射する機材です。

種類は、大まかにわけて以下の3種類。

 

(1)白

image001

(2)銀

image003

(3)乳白(透過用)

image005

 

スタジオでは大きめの、ロケでは機動性、撮影場所の広さなどを考慮し小さめ のものを選択したりもします。
image009
image007

次に実際の光質を見てみましょう。

(※パラソルが写り込んでいますが、光質をわかりやすく見るためです)

 

(1)白パラソル

image013 image011

 

(2)銀パラソル

白パラソルより光質が硬くなっていますね。

image017 image015

 

(3)乳白(透過用)

感覚としては、銀パラと白パラの中間の「硬くもなく柔らかくもなく」といっ た光質です。

しかしトレペのうように自由に光源とディフューズ面の距離を設 定することはできません。

パラソルの柄の長さの範囲でしか調整できません。

image021 image019

 

光の硬柔でみますと …

白パラソル < 乳白パラソル(透過) < 銀パラソル

というような感じでしょうか。

 

パラソルは、トレペなどとは違い光源との距離を自由に設定することができま せん。

光質の調整、つまり硬柔の調整幅が少ない機材ですが機動性に優れています。

また、パラソルの前にトレペを垂らしさらに柔らかい光を得ることも可能です。

この花瓶のような写り込みの多い被写体で光の芯を抑えたい場合には有効に働 きます。

前面にトレペを垂らしますので光の芯が和らぎ光質が柔らかくなりま す。

 

 

(4)乳白パラソル + トレペ

image028 image026

 

 

(5)銀パラソル + トレペ

非常に微妙ですが上の乳白パラソルよりは光質は硬くなっています。

image032 image030

 

 

(6)白パラソル + トレペ

三つの中で光質は一番柔らかくなりました。

image036 image034

 

 

 

では、これらを踏まえ具体的に見てみましょう。

まずは、アパレル製品での例。

 

(7)左から銀パラでメインライト、カメラ後ろからの白パラで影起こしのライト

image040 image038

銀パラの硬い光質のため、襟周りに影が落ちたりし陰影、立体感、素材感が出 ています。

 

 

(8)左のメインライト、カメラ後ろの影起こし共に白パラソル

image044 image042

左からのメインライトを白パラに変更。

光質が柔らかくなり影も柔らかくなり ました。

そのため、シワ、凹凸は少なくなりましたが「ペタン」とした印象で す。

商品カタログでの「形を美しくハッキリ見せる」ような写真に仕上がりま した。

 

 

(9)左メインライトに透過光パラソル、カメラ後ろの影起こし白パラソル

image048 image046

これは、銀パラと白パラの中間の光質。

「銀パラではキツイ、白パラでは物足りない」そんな時に使用してみてはいか がでしょうか。

 

「(7)のギンパラソル」は襟周りなどに影がはっきり現れ硬い光質が見て取 れます。その分被写体の素材感が表現されています。夏の光を表現する際にも 適しています。

「(8)の共に白パラソル」は影もふんわり柔らかく、表面のシワもなだらか に表現されています。

「(9)の透過光パラソル」は影の出方から(1)と(2)の中間ですね。

 

 

続きまして食品を例にパラソルによる見え方の違いをみてみましょう。

 

(10)銀パラソル

影が強く硬い光質で太陽光を演出。食品の活き活きさを表現。

image052 image050

 

(11)白パラソル

銀パラソルより影が柔らかくなりました。 無難なライトとです。

image054  image056

 

(12)透過光パラソル

影の出方から銀パラと白パラの中間の光質。

image058  image060

 

これら特性を踏まえ使い分けてみるのも色々な発見があり面白いかと思います。

次回は、バウンス光をご紹介します。

 

ヒッポ写真事務所・風間大輔 /著

撮影用品・撮影機材の専門店セブンスランド 撮影用品・撮影機材の専門店セブンスランド